利点が多い宅食サービス

宅食のメニューは豊富

宅食は利便性においても優れていますが、毎日の献立をあらかじめ提示されたセットメニューの中から選択できるなど、柔軟なサービスを提供しているため、和食・洋食・中華といったメジャーな分野であれば、まんべんなく楽しむことができ、和食なら旬の食材を用いた季節ごとのメニューを提供している業者も少なくありませんし、通常の食事に留まらず、離乳食や介護食などの調理に手間がかかる食事や生活習慣病患者向けの減塩食をはじめとした病人食まで取り扱う業者があることから、メニューの豊富さは特筆すべきものがあります。

温かい食事の提供と定時宅配による安否確認ができるだけでなく、豊富なメニューで利用者が食事を楽しむことができる工夫まで提供されていることも宅食の利点なのです。

低GI食も宅食で賄える

少子高齢化に伴う需要の高まりを見せる宅食業界においては、顧客獲得のためのサービスの発達も著しいことから、顧客のニーズに応じたメニューの取り入れに余念が無く、低GI食のような比較的新しいニーズへの対応も行っており、業者次第ではありますが低GI食を提供している場合もあるため、資金面で問題が無いのであれば、宅食のみで低GI食を賄うことも可能です。

よって、三食低GI食を宅食で賄うことは決して不可能ではありませんが、宅食は三食毎日の契約なら通常一週間で約一万三千円が相場となるため、月当たり約五万円の出費となるので、食費が一切かからないとは言え、低額とは言い難く、経済状況に応じた使い分けが不可欠であることはきちんと認識しておかなくてはなりません。