宅食サービスの利用について

宅食ってどんなサービス?

宅食は食事の宅配サービスの一種で、ピザやラーメンのデリバリーに近いものですが、通常のデリバリーサービスよりも一歩踏み込み、毎日定時にお弁当や総菜を宅配するサービスとなっており、業者ごとのサービス内容に違いはあるものの、毎日定時に食事を宅配するのと同時に独居の高齢者や共働き家庭のこどもの安否確認も兼ねている業者が多く、食事の宅配と安否確認が基本的なサービスであると捉えておけば十分でしょう。

ちなみに、食事の宅配と安否確認以外のサービスとしては、和洋中といった分野ごとの専門料理の宅配があり、一般的なデリバリーとの違いとして、冷凍状態での宅配が可能で湯銭や電子レンジ等による加熱で好きなタイミングで食べることができる点が挙げられます。

主な宅食の利用方法

基本的な宅食の利用方法は、独居老人や共働きの家庭のこどもに温める手間を省いた温かい食事の提供を行いつつ安否を確認する安否確認を兼ねた毎日の利用、子供に温かい食事を食べさせたいのにどうしても時間が合わない場合や何らかのトラブルで食事を作る気力も余力も無いといった場合に加えて、お祝い等で普段の家事の手間を労うピンポイント利用など、家庭状況に合わせた利用が可能で、その用途は多彩です。

しかし、最もオーソドックスな独居老人や共働き家庭のこどもを対象とした安否確認を兼ねての毎日利用が宅食の最たる強みであることは間違いなく、宅食利用に際して最も利便性に優れている側面は、食事の提供を兼ねた安否確認サービスであると言って過言ではないでしょう。