低GI食は宅食で賄えるの?

宅食で食生活を豊かにするインフォメーションサイト

予算に応じた宅食利用のコツ

GI(グリセミック・インデックス)が低い大麦や玄米に代表される食品、いわゆる低GI食品は日本で主流を占める白米や食ぱんのような高GI食品に全体的ないし部分的に代わって主食を担うことで、生活習慣病の予防効果を期待されている食品であり、近年、低糖質ダイエットのような形で注目を集めているのです。

宅食サービスの利用について

個人主義志向と少子高齢化が重なって多様化したニーズに応じる形で、デリバリーから発展したサービスの新形態の一つである宅食は、従来のデリバリーが行う出前よりも利用者の生活に密着し、温かい食事ないし温めるのが容易な食事を定時に提供することにより、独居の高齢者や共働き家庭のこどもの安否確認も担っています。

利点が多い宅食サービス

宅食は食事と安否確認を組み合わせた生活への直接的メリットが見込めるサービスであると共に、豊富なメニューから、低GI食やダイエット食のような健康の維持促進のための食事に加え、介護食や病人食のような要介護者向けの食事の提供もある利便性に優れたサービスと言えるでしょう。

低GI(グリセミック・インデックス)食品とは

宅食は一食あたり約六〇〇円と労働者の出勤中の昼食代と遜色ない金額での提供がなされており、社会人の昼食代として考えれば平均的ではあるものの、それが三食となると決して無視できない金額になってしまいます。

そのため、独居の高齢者を対象としているのでも無ければ、三食全てを宅食で賄うのは経済的とは言い難いものがあるのですが、共働きの家庭でこどもの夕食を既製の弁当で賄っているのなら、夕食だけを宅食に置き換えて、外出することなく自宅に食事が届くようにすることで、こどもの安全を確保しつつ、既製の弁当よりは栄養バランスの良い食事を給することができるでしょうし、単身者の夕食としても既製の弁当に比して軍配が上がるはずです。

また、低GI食やダイエット食のようなニーズにも対応しているので、健康食品を買い込んだり、無理なダイエットを行ったりするのに比べ、経済面でも健康面でも効果が期待できる上に、離乳食や介護食を作る手間を時給換算すれば、宅食の方が経済的であるだけでなく、浮いた時間を他のことに割り振ることができるでしょう。

前述以外の宅食利用として、出産後の育児に追われる時期の食事に宅食を利用することにより、育児と家事の負担を抑制したり、保護者が緊急の入院や出張で家を空けざるを得ない場合に宅食を利用して対策したりすることに加え、低GI食のように調理法の普及状況が低い食事の主食のみや主菜のみを購入する形での利用も経済的です。